« この森で、天使はバスを降りた | トップページ | 17歳のカルテ »

2005/01/19

カンパニー・マン

監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演:ジェレミー・ノーサム/ルーシー・リュー/ナイジェル・ベネット/ティモシー・ウェッバー/デヴィッド・ヒューレット
30点満点中17点=監4/話3/出3/芸3/技4

【陰謀と裏切り。誰も信じられないスパイ・ストーリー】
 ハイテク企業・デジコープ社で働き始めたモーガン・サリバン。彼に与えられた仕事は、スパイ。ジャック・サースビーと名を変えて各地の会議に出席、その内容を送信するという簡単な任務だったが、その頃からサリバンは悪夢と頭痛に悩まされるようになる。そんな彼に、謎多き女性リタ・フォスターは赤い錠剤を渡して囁く。「症状を抑えたいなら、これを飲んで。そして、あなたがサリバンだということを忘れないで」と。
(2002年/アメリカ)

【真っ当を真っ当に思わせない語りと映像の魔術】
 ストーリーは意外なほど真っ当に進む。ハリウッド大作のようなスピード感や派手さはなく、役名のある登場人物も限られているため広がりはないのだが、新事実と意外な展開とをたたみかけるようにつないで観客をグっと引きつけ、テンポもよく、ミステリーとしてもサスペンスとしても、そしてストーリー映画としても、真っ当な作りに思える。
 主演ジェレミー・ノーサムはハマっているし、リタ役のルーシー・リューも他作品よりウンと可愛くて、どちらも物語の謎めいたムードの中にピタっと心地よく収まりつつ、破綻なく真っ当にストーリーを押し進めてくれる。

 いっぽう画面上に展開するのは、まるでグラフィック・デザイン誌のような絵。デジタルによる処理だろうか、あらゆる場面において極端に色合いが抑えられている。何かが起こるときにだけ、青、赤、緑といった原色が印象的に画面を彩る。意識的に人物を影の中に置いて表情を映さないようにしたり、背景もゴチャゴチャしないよう整理され、幾何学模様も多用して、そうして作り出される絵は、フラッシュバックともあいまって、シャープで、静かで、ときに騒々しくて、無機的。魔術的な雰囲気もある映像の連続が視覚に飛び込んでくる。
 時代を特定させないというか、先端の技術と前時代的なファッションとが入り混じる美術もミステリアスな雰囲気を醸し出すのに貢献している。重心の低い音楽や、リアサラウンドを使って記憶の迷宮を表現する音響も効果的だ。

 こうした映像と音響は、ストーリー展開の真っ当さを覆い隠して物語のミステリアスな雰囲気を増幅させる機能を果たしていて、ヴィジュアルだけが先走る愚に陥っていないのがいい。見た目と内容のイメージがマッチした、いい作品だ。

 が、途中でオチが読めてしまうのが最大にして決定的な弱点。しかも、事件の全貌についてサリバンが気づくあたりの展開に何の工夫もなく、せっかくのクライマックスがシラケ気味。設定的にも演出的にも「あっ!」という鮮やかさがないのだ。そのために、それまで味わってきた「計算し尽くされた物語+映像」もコケオドシに感じられてしまう。惜しい。

|

« この森で、天使はバスを降りた | トップページ | 17歳のカルテ »

コメント

はじめまして。ワタクシ、カルと申します。
このたび日本映画の名ラブシーンを紹介するブログはじめ、そのご挨拶でお邪魔させて頂いた次第です(^ ^;

ビデオ&DVDのレンタル、および購入の際に参考になる情報を随時発信していく予定です。
もしよろしければ、ぜひ遊びに来てくださいね!
http://blog.livedoor.jp/lovescene/

投稿: カル | 2005/01/25 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/2631441

この記事へのトラックバック一覧です: カンパニー・マン:

» 「カンパニー・マン」(DVD) [なつきの日記風(ぽいもの)]
平凡な生活、求めた刺激的な生活に謎の美女。自分探しの旅は記憶を辿って過去に向う。 カンパニーマン 英題:「CYPHER」 監督:ヴィンチェンゾ... [続きを読む]

受信: 2005/03/16 14:12

» (B級)カンパニー・マン(2002/米) [B級映画のススメ]
(B級)カンパニー・マン(2002/米) 産業スパイ大作戦!コスプレ娘ソバカス・ [続きを読む]

受信: 2005/03/16 15:07

» カンパニー・マン(2002/アメリカ/監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ) [Little April Shower > CINEMA & DVD REVIEW]
「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督によるサスペンス。 平凡な会社員・モーガン(ジェレミー・ノーザム)は、スリルを求めハイテク企業デジコープの産業スパイに転身。“ジャック・サースビー”という名前を与えられ、会社に命じられたスパイ活動をこなすうち、激しい頭..... [続きを読む]

受信: 2005/05/30 23:02

» 映画「カンパニー・マン」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
DVDで観ました。監督が「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリということで観ました。「CUBE」から5年ぶりの新作です。密室劇の「CUBE」に対し、全米各地を転々とするスケールの大きい内容です。しかし「CUBE」と共通する閉塞感はあります。映像は綺麗で、全体的にメタリックで冷...... [続きを読む]

受信: 2005/11/13 20:45

« この森で、天使はバスを降りた | トップページ | 17歳のカルテ »