« 花とアリス | トップページ | 海猿 »

2005/03/23

スウィングガールズ

監督:矢口史靖
出演:上野樹里/貫地谷しほり/本仮屋ユイカ/豊島由佳梨/平岡祐太/竹中直人/白石美帆
30点満点中14点=監3/話2/出4/芸3/技2

【ジャズに目覚めた女子高生たち】
 東北・某高校の夏休み。ヤル気ゼロの友子たちは、退屈な補習授業から逃げ出すため、野球部を応援中の吹奏楽部のもとへ弁当を届ける役目を買って出る。ところが、その弁当が原因で食中毒が発生、次の試合の応援がピンチに。これまた幸いと演奏の練習を始め、またも補習から逃れる一同だったが、次第にジャズの面白さに目覚め始める。でも、楽器を買うお金はない。吹奏楽部が復活して演奏する場も取り上げられてしまって……。
(2004年 日本)

【憎めない雰囲気はあるが、不足だらけ】
 時に生き生きと輝くガールズの笑顔が、この映画を憎めないものにさせている。演技はハッキリいって学芸会レベルだが、ひたむきなトロンボーン関口、飄々としたドラム直美の存在感は、なかなかのもの。
 また彼女らと観客とが“楽しさ”を共有できる演奏シーンがクライマックスとしてあり、その余韻を残して終劇、エンドクレジットを最後まで見てもらう工夫があるのも、憎めない原因なのだろう。

 でも、何をやりたかったの? という疑問が残る。
 もし上記あらすじに書いた通り、ひょんなことから音楽(ジャズ)の面白さに目覚めるぐうたら女子高生たちの姿を描きたかったのだとしたら、その目的は達成されていない。まず日頃のぐうたらぶり描写が不足しているうえ、そのために用意された導入部=授業に身の入らない様子や線路上をノンビリ歩く場面などが冗漫で、光るものがない。

 さらに、だんだん演奏が面白くなってくるという気持ちの表れこそストーリーのキモとなる要素のはずだが、これも決定的に不足している。「コツが飲み込めてきた」などセリフで簡単に処理してしまうなど、表現・描写の稚拙さが目につく。
 演奏が上達する過程の印象的なエピソードといえば、川を挟んでセッション(とはいえないか)するサックス友子とキーボード中村、歩行者用信号の音にオフビートを感じ取る場面、ネズミに驚いて強い音を出せるようになる良江のトランペット、それくらいのもの。ダメダメだった女の子たちがグングン力をつけていくという、当人たちにとっても観客にとっても“面白さ”となる部分がほとんどないのだ。
 彼女たちが「上手く行かない」と悩みつつも、「音楽って楽しいじゃん」と輝く姿を、もっと描くべきだったはず。現状では、いつの間にか上達した、という雰囲気。
 とにかく、お話(本筋)を面白くしようとする工夫が足りない

 かと思えば、イノシシ退治、スーパーでのバイトや修理工場のフォークデュオなど、単に笑いのためだけのシーンが多かったりする。コンクールに出られない、やっぱり出られるというハプニングも“取ってつけた”感が強い。描くべき事柄は他にあるはずなのに、と思ってしまう。

 固定カメラの長回しを多用する画面にも面白さが足りない。ちょっと来いと呼ばれたので30mほど走って近寄る、その様子(しかも2回も)をまるまる収める必要がどこにあるのだろう?
 あらかじめフレーミングを決めて「ここからここまでの範囲で演技してください」と指導したような窮屈な絵だし、頭~ヒザあたりまでを映すサイズに主役級も脇役級も同じように押し込めるから、キャラクターの描き分けも不十分になってしまっている。
 せっかく音楽をメインに据えた映画なのに、リズム感が実に悪いのだ。全編において、クライマックスでは見られた寄りの絵や動きのあるカットをもっと使っていれば、最初から最後までハッピーな気分で観られたはずなのだが。

 そんなわけで、確かに青春音楽映画ではあるが、むしろスウィングガールズという楽団を売り出すための、あまりデキの良くないプロモーションビデオ、といった仕上がり。ま、生演奏を聴いてもいいな、とは思えるので、そういう意味では成功しているといえるのだが。
 で、いま知ったのだが、これで日本アカデミー賞脚本賞なの? すごぉ~く暗澹たる気分になるんですけど。
 なんかこう、映画そのものがスウィングしてないんだよなぁ。

|

« 花とアリス | トップページ | 海猿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/3405397

この記事へのトラックバック一覧です: スウィングガールズ:

» 「スウィングガールズ プレミアム・エディション」Get!! [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
GEOGEOでDVD『スウィングガールズ プレミアムエディション』の中古を発見したので、早速買ってしまいました。(オバカです。ちなみに給料日は15日・・・) 7980円で買えたのはお買い得ではないでしょうか。オークションでは結構な値が付いているようですからね。シリアルNo.20248を手放された方、感謝です。(スペシャル・エディションどうしましょう?オークションにでも出しますか。... [続きを読む]

受信: 2005/04/23 23:41

» スウィングガールズ [いつか深夜特急に乗って]
「スウィングガールズ」★★★(名劇2) 2004年日本 監督 [続きを読む]

受信: 2005/05/03 09:28

» 映画『スウィング・ガールズ』を観て [KINTYRE’SPARADISE]
人気blogランキングへ【この映画について】この映画は「ウォーターボーイズ」を監督した矢口史靖がそれ以来の監督作品として、現在全国で好評を博している。今回取り上げたテーマは、全くの楽器の素人の高校生がビッグバンド・ジャズに挑戦するという考えも及ばないテーマ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/24 09:26

» 井上真央 月9初主演決定! 沢尻エリカが・・・ [井上真央 月9初主演決定! 沢尻エリカが・・・]
<井上真央、月9初主演!共演に平岡祐太、竹中直人ら>女優の井上真央(20)が、7月9日スタートのフジテレビ系ドラマ「ファースト・キス(仮題)」(月曜・後9時)で“月9”初主演することが17日、分かった。病弱で恋とは無縁、しかも悪魔のようにわがままな20...... [続きを読む]

受信: 2007/05/18 19:04

« 花とアリス | トップページ | 海猿 »