« ストレイト・ストーリー | トップページ | 12モンキーズ »

2005/05/01

アイ,ロボット

監督:アレックス・プロヤス
出演:ウィル・スミス/ブリジット・モイナハン/アラン・テュディック/ブルース・グリーンウッド/チー・マクブライド/ジェームズ・クロムウェル
30点満点中15点=監3/話2/出3/芸3/技4

【本当にロボットには、殺人はできないのか?】
 ロボットが人間の生活に溶け込んだ2035年のシカゴで、ロボット工学の権威・ラニング博士がビルから飛び降りて死亡する。状況の不自然さに疑問を抱いた刑事のスプーナーは、部屋にいた新型ロボット・サニーを尋問するが、サニーは博士殺害を否認。もとより“ロボット三原則”のおかげでロボットに殺人は無理なはず。だがスプーナーは陰謀の匂いを嗅ぎ取り、上層部からの圧力にも屈せず、カルヴィン博士とともに捜査を進める。
(2004年 アメリカ)

【アクションはふんだんだが、深みがない】
 スピーディに物語は進み、ところどころにユーモアを利かせ、伏線を生かしたクライマックスなど感心させられるところもあり、CGによるアクションシーンをわらわらとふんだんに盛り込んで、一応の娯楽作には仕上がっている。

 ただしここでの「スピーディ」というのは、薄さ浅さと表裏一体だ。上層部からの圧力という使い古された設定も含めてあれよあれよと都合よく事件が展開し、なぜ何が起こったのかの提示も曖昧なまま。また熱血漢で独断先行型の刑事とか、組織の中で板挟みになる上司とか、事件に巻き込まれる女性博士とか、キャラクターがいかにもステロタイプ。
 この手の映画の魅力を引き立たせるはずのガジェット類・世界の作り込みも不足気味だし、そもそも主役であるNS-5型ロボットのディテールが描き込まれていない。スプーナーのキャラクターを語るうえで重要なキーとなる彼の腕も、その設定を十分に生かし切れていない。
 とにかく全体として、真新しさが感じられず、深みも足りないデキとなっているのだ。

 SFの構成要件である“哲学”がないのも浅い映画となった原因だろう。『ウエストワールド』(マイケル・クライトン監督)も『A.I.』(スティーブン・スピルバーグ監督)も『アンドリューNDR114』(クリス・コロンバス監督)も、映画のデキとしては物足りないものだったが「ロボットとは何か、人とは何か」を考えさせるメッセージが込められていた。
 本作でもサニーが「私は、何?」などと思わせぶりなセリフを吐くが、それに対するフォローがまったくなされていない。本来は事件とストーリーをグイグイ引っ張っていく、あるいは感情移入を誘って観客を本作のテーマへと導く魅力的なキャラクターになりうるはずのサニーが、“道具”的な扱いに成り下がってしまっている。
 結果「で、結局のところナニがいいたかったの?」という作品にとどまっているのだ。

 こんなこともやりたい、あんなこともやりたいというCGアクションのアイディアばかりが先走って、肝心な核の部分を疎かにしてしまった映画といったところだ。

|

« ストレイト・ストーリー | トップページ | 12モンキーズ »

コメント

はじめまして、TBさせていただきました。
私の場合、期待していなかった分だけ楽しめた、といったところでしょうか?
> 世界の作り込みも不足気味
このあたりはおっしゃるとおりでしょうね。最近の映画にしては上映時間が短めなので、あと10~15分程度長くしてもよかったかもしれません。

投稿: starless | 2005/06/02 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/3932044

この記事へのトラックバック一覧です: アイ,ロボット:

» 「スピルバーグ」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 スピルバーグ 」の検索結果で、「裏の窓から眺めてみれ .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005/05/19 15:53

» アイ,ロボット [いつか深夜特急に乗って]
「アイ,ロボット」★★★★ 2004年アメリカ 監督:アレッ [続きを読む]

受信: 2005/05/23 18:52

» アイ,ロボット [sailor's tale]
ウィル・スミス主演のSF映画。2035年、世界には家庭用ロボットが満ちあふれており、人類はロボットと共存していた。そんな中、新型ロボット発売前にそのロボット開 [続きを読む]

受信: 2005/06/02 23:48

» アイ,ロボット [sailor's tale]
ウィル・スミス主演のSF映画。2035年、世界には家庭用ロボットが満ちあふれており、人類はロボットと共存していた。そんな中、新型ロボット発売前にそのロボット開 [続きを読む]

受信: 2006/06/03 23:03

« ストレイト・ストーリー | トップページ | 12モンキーズ »