« 12モンキーズ | トップページ | ザ・ファーム/法律事務所 »

2005/05/07

トーク・トゥ・ハー

監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ハヴィエル・カマラ/ダリオ・グランディネッティ/レオノール・ワトリング/ロサリオ・フローレス/ジェラルディン・チャップリン
30点満点中14点=監2/話2/出3/芸3/技4

【眠り続ける女たち、悩み続ける男たち】
 寝たきりの母を20年間も世話してきたベニグノはバレエダンサーのアリシアに恋をする。が、アリシアは事故に遭って昏睡状態に陥り、ベニグノは看護士として彼女の面倒をみることになる。いっぽう、失恋したばかりの女性闘牛士リディアと心を通わせるルポライターのマルコ。だがリディアもまた試合中の事故で植物人間となってしまう。眠り続ける2人の女性と、その傍らで悩み続ける2人の男の人生が、病院で交わる。
(2002年 スペイン)

【要素の構成方法に、いくつもの疑問が残る】
 ワイドなスクリーンサイズを存分に生かして、眠り続けるアリシアの裸体を捉えたカット。ダイナミックな闘牛のシーン。画面にしっとりと染み渡る音楽。「女性化学者と、実験のため身体が縮んでしまった男とのセックス」という前代未聞のシチュエーション。
 そうした、映画を構成する要素の1つ1つには、優れている部分も多い。人生に意味を見出すことのできないマルコ、人生に誤った意味合いをもたせてしまったベニグノ、ひたすら美しいアリシアなど、キャラクターも光っていると思う。
 だが全体のまとまりはどうかと考えると、高い評価を与えることに躊躇してしまうのだ。

 まず「3週間後」とか「4年前」とか、時制を自由に行き来するのは構わないのだが、それをテロップで示す安直な方法を繰り返すことを支持できない。しかもその時間の流れが各人にもたらした変化が鮮やかでないので、あっちこっちウロウロする煩雑さだけが前面に立ってしまう。
 季節感や表情の変化など、映像と演技の力で鮮やかに時間を跳び、しかも跳ぶことに意味のある構成が取られていれば納得もできるのだが。

 また、本作の重要なテーマであるはずの“人と人との関わり”も、希薄とまではいわないまでも、やはり安直にセリフで示してしまったり、濃密さと味わいに欠けているように思える。特にベニグノとマルコの心の交流、互いに示しあう好意については、それなりのエピソードをいくつも盛り込んでもっと説得力をもたせるべきだったろう。

 誰にどのような想いを寄せ、その想いの熱さ・深さゆえに人はどんな行為へとおよぶのか。人生の残酷さ、運命の皮肉を描こうとする意図は汲み取れるのだが、それらを伝える手段として、映画ならではの鮮やかさを存分に出し切れなかった作品なのではないだろうか。

|

« 12モンキーズ | トップページ | ザ・ファーム/法律事務所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/4019079

この記事へのトラックバック一覧です: トーク・トゥ・ハー:

» トーク・トゥ・ハー [いつか深夜特急に乗って]
「トーク・トゥ・ハー」★★★★ 2002年スペイン 監督:ペ [続きを読む]

受信: 2005/05/11 18:46

» 『トーク・トゥ・ハー』生死の濃厚エキスたっぷり。悲しく美しいストーリー。 [映画のBLOG@今日のいいこと。]
トーク・トゥ・ハー/Hable con ella 女闘牛士。恋人のジャーナリスト。交通事故で4年も意識を失ったままのバレリーナ。歪んだ愛で彼女を看病し続ける看護士。生と死。男と女。静と動。。。この映画は対極する二軸が濃厚に混ざり合い、そして分離する。。あやふやさと究極の愛を描いた濃ゆ〜いドラマです。『オール・アバウト・マイ・マザー / Todo sobre mi madre』の巨匠ペドロ・アルモドバル(Pedro Almodovar)監督作品。 映画の冒頭は、ピナ・バウシュの『... [続きを読む]

受信: 2005/07/01 00:39

» トーク・トゥ・ハー [映画の休日。]
トーク・トゥ・ハー これを果たして「愛」と呼べるのでしょうか? ベニグノ(ハヴィエル・カマラ)は、4年間昏睡状態にあるアリシア(レオノール・ワトリング)が目覚めることを信じて、愛を捧げ、人生を捧げ、献身的な介護を続ける。 マルコ(ダリオ・グランディネ... [続きを読む]

受信: 2005/07/23 16:13

» 「トーク・トゥ・ハー」 [月影の舞]
「トーク・トゥ・ハー」   ★ややネタバレあり★ ? 2002/スペイン 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル  出演:ハヴィエル・カマラ(ベニグノ)、 ダリオ・グランディネッティ(マルコ)    レオノール・ワトリング(アリシア)、ロサリオ・フローレス(リディア)... [続きを読む]

受信: 2005/10/26 11:41

« 12モンキーズ | トップページ | ザ・ファーム/法律事務所 »