« ツイステッド | トップページ | 10日間で男を上手にフル方法 »

2005/06/04

スチームボーイ

監督:大友克洋
声の出演:鈴木杏/小西真奈美/中村嘉葎雄/津嘉山正種/児玉清/沢村一樹/斉藤暁/寺島進
30点満点中14点=監2/話1/出3/芸4/技4

【科学は誰のためのものなのか?】
 万博の開幕が近づく19世紀のイギリス。機械と発明が好きな少年レイのもとに、アメリカで研究をしているはずの祖父ロイドがやってきて奇妙な物体を手渡す。「これを持って逃げろ!」。が、オハラ財団からの追っ手に囚われたレイが見たものは、死んだはずの父エディの姿。エディと財団は、その物体=莫大なエネルギーが詰め込まれた『スチームボール』を応用して強大な兵器を作り出し、各国に売ろうとしているのだった。
(2003年 日本・アニメ)

【周辺は良し。でも肝心の核の部分がダメダメ】
「絵はキレイでしたね」
「キレイっていうか緻密。水蒸気の表現は抜群だし、モノの“重み”とか浮遊感・落下感が伝わってくる作画だった」
「それと、背景の上で人物が浮いている感じもありませんでした」
「フレームの中に絵を入れるんじゃなくて、まず世界を作り、その中に人物がいてモノがあって、その世界へカメラを持ち込む、そんな雰囲気の画面レイアウトだったな。しきりにパンアップしたりロングショットも入れたりして、広がり感を出そうともしていたしね」

「サウンドトラックも重厚感があって良かったと思います」
音関係は、国内産には珍しく真面目で丁寧だった。地響きするほどの重低音が入っていたり、スカーレットの側を飛んでいくロケット弾のスピード感もサラウンドで表現されていたしね」

「声優陣については?」
小西真奈美が思いのほか良かったな。オハラ財団のスカーレット令嬢の、すんごく可愛げのないところを上手く表現していてビックリした。このまま声優で食えるんじゃないか。あと斉藤暁(オハラ財団のサイモン)の、ちょっとトボケたところと安定感ね」
「沢村一樹(スチーブンソンの助手デイビッド)も、キャラクターにハマっていたと思います。でも、もっとこう、切れている役のほうが持ち味は出るでしょうね」
「それに対して、お年寄り2人はキツかったな。かたや呂律が回っていなくてセリフを聴き取りづらいし、かたやパネルクイズだから」
「パネルクイズはともかく、スチーブンソンさん、いい人すぎますよね、あの声では」

「あと、悪いところはというと……、そのほか全部だな」
「つまり、演出とストーリー? 肝心なところがダメ?」
「単なる『スケールのデカい親子喧嘩』じゃん。かといって冒険活劇としてはスケールが小さい。だって舞台は、マンチェスターにあるレイの家とロンドンの万博会場だけだぜ」
「確かに、物語の広がり感はありませんでしたね」
「奥行きもない。一瞬にして街が凍りついたりする荒唐無稽なところはいいとして、その荒唐無稽さを“面白さ”に感じさせるためのディテールがなってないんだよ。スチーム城を作り上げた苦労とか過程とかがまったく出てこないし、あの兵器を止めるのに、いきなり何十台も機関車が出てきたりさ。大筋を追うのに手一杯で、ふくらみがすくない。蒸気パワードスーツが蹴躓いて『ゴンゴンゴン』と階段を落ちていくところには笑ったけれど」
「説明をセリフに頼っているところも多かったように思います」
「そうそう。『ここが中央圧力室か』とか『スチームボールに自分なりの改良を加えたんだね』とか」
「言葉じゃなく、ちゃんと絵で見せて欲しかったところですね」
「絵といえば、前半の人の動きにも不満がある」
「なんだか、やたらとゆったり歩いていましたね」
「緻密にスムーズに動かそうとするあまり、スピード感がなくなってるんだよな。ある意味では、そのあたりがセルアニメの限界かも知れない。この作品、ジョー・ジョンストンが実写でやればもっと面白かったんじゃないかな」

「テーマはハッキリしていたと思うんですが」
「あ、勘違いしてるだろ。科学の発展に付きものの犠牲とか、戦争によって科学が発展することの是非とか、そのへんの問題提起だと思ってる」
「違うんですか?」
「これ『デカい機械は、見た目スゴイけど即やられる』がテーマだぞ。アニメでは、最低限それを描かなくちゃならんという法律があるんだから」
「そういえば、巨神兵もギガントもガンド・ロワも、『Mr.インクレディブル』に出てきた兵器もそうでしたね」
「そう考えて見ると、愛嬌のある作品かもな」

|

« ツイステッド | トップページ | 10日間で男を上手にフル方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/4402187

この記事へのトラックバック一覧です: スチームボーイ:

» スチームボーイ [いつか深夜特急に乗って]
「スチームボーイ」★★★★ 2004年日本 監督:大友克洋 [続きを読む]

受信: 2005/06/30 19:33

« ツイステッド | トップページ | 10日間で男を上手にフル方法 »