« 銀のエンゼル | トップページ | ブレア・ウィッチ・プロジェクト »

2006/06/14

もし、あなたなら ~6つの視線

30点満点中15点=監3/話3/出3/芸3/技3 (平均)

【人であることを認められなかったとき、あなたなら?】
 太めで顔もソコソコの女子高生ソンギョンの悩み…「彼女の重さ」/おねしょした罰にご近所から塩をもらってくるよういわれた男の子。彼を見つめるのは…「その男、事情あり」/脳性マヒのムンジュが下した決断…「大陸横断」/息子の英語を上達させるために両親は…「神秘的な英語の国」/駐車場で美女と出会った男の行動…「顔の価値」/言葉が通じずに精神病と誤解されたネパール人女性…「N.E.P.A.L. 平和と愛は終わらない」
(2003年 韓国)

【テーマはともかく、出来不出来の差が大きいオムニバス】
 全6編のオムニバス。封建的な状況を描いた『人権』がテーマの内容ばかりだな、と思ったら、韓国人権委員会の製作とか。
 お堅いところが作っている割には、正面から声高に人権擁護を叫ぶのではなく、ちょっとシニカルに、あるいは観るものに嫌悪感を抱かせるような物語を連ねて考えさせる作りだ。

■「彼女の重さ」
監督:イム・スルレ
出演:イ・ソリ
 監督の実体験に基づいているのかな。女性が男性を見下ろす視線にも見上げる視線にも侮蔑が込められている、ということが伝わってくる。
 女性に“美”だけを求める封建的社会に対する諦めにも似たダルぅ~い空気が漂い、いかにもな母子は微笑ましい。
 が、自主製作風の作りで安っぽく、このダルさも狙ったものじゃないように感じられる。確かに女性蔑視への嫌悪感は覚えるものの、映画的には「だから?」の域を出ていない。13点。

■「その男、事情あり」
監督:チョン・ジェウン
出演:ペク・チョンハク/ピョン・ジョンス/チョン・ハウン
 現代の日本にとっても身近なテーマ、そして、6編中唯一の“罪”を描いた作品でもある。
 奥行き感、高低感、無機質な色合い、そして「ああ」と思わせる展開によって、社会のいびつさを印象づける。自分が住むマンションの全フロア・すべての人を見張らないと平穏に暮らせない社会って、どーよ。しかも見ていないふりして見張るんだもの。
 作家的な絵作り・構成とテーマとが噛み合ったエピソード。17点。

■「大陸横断」
監督:ヨ・ギュンドン
出演:キム・ムンジュ
 障害者に関する問題を取り上げ、これまた韓国以外の社会にとっても身近で深刻なテーマだ。コミカルなBGMや『音楽鑑賞時間』といった皮肉が、なおさら痛々しさとなって伝わる。
 ただ、20分程度にまとめるには無理のある内容。というか、120分くらいあるストーリーをかいつまんだ結果、主人公ムンジュの行動が唐突なものにしか感じられない、といった仕上がり。14点。

■「神秘的な英語の国」
監督:パク・ジンピョ
出演:キム・セドン/トン・ヒョヒ/キム・スミン
 ウサギの着ぐるみとお花畑と手術というミスマッチが、ジョンウ少年の両親が取った行動の馬鹿馬鹿しさを浮かび上がらせる。
 ストーリーを排し、ただただ「おいおいおい」と思わせる内容で、まぁ1本くらいこういうものが混じっているのもいいが、「それだけかよっ」という印象も否めない。14点。

■「顔の価値」
監督:パク・クァンス
出演:チ・ジニ/チョン・エヨン
 いわゆる『世にも奇妙な物語』風のストーリーの陰に、姿かたちによって定型化されることに対する苦々しさ、外見だけではわからない個人の生涯といったテーマを感じさせる。が、これまた「それだけかよっ」的な作品で、6編中ちょっと浮いている感もある。14点。

■「N.E.P.A.L. 平和と愛は終わらない」
監督:パク・チャヌク
出演:チャンドラ・クマリ・グルン
 ネパール人女性の一人称視点+モノクロの画面で孤独を表現。1カットずつのプロポーションも良く、キリっとした雰囲気や間(ま)が素晴らしい。他のエピソードが「思いつき」を上手く処理し切れていないのに対し、これは「世の中、なんか間違ってるよなぁ」という思いをストレートにフィルムへと叩きつけた印象だ。17点。

 全体に、登場人物の動機と行動とのつながりが希薄に思われた。
 観た人それぞれに人権や歪んだ社会について考えさせることがテーマの映画だから、状況を提示するだけor過剰な説明は避けるという作りは正しいと思うのだが、やや内向的というか、ぶっちゃけ「予算も時間もありませんでした」という仕上がりになってしまっているのがいただけない。
 そんな中でもキッチリと光るエピソードを作り上げたチョン・ジェウンとパク・チャヌクは、さすがだ。

|

« 銀のエンゼル | トップページ | ブレア・ウィッチ・プロジェクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/10523148

この記事へのトラックバック一覧です: もし、あなたなら ~6つの視線:

« 銀のエンゼル | トップページ | ブレア・ウィッチ・プロジェクト »