« 真実の行方 | トップページ | エディット・ピアフ~愛の讃歌~ »

2009/03/08

SAW 4

監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:トビン・ベル/コスタス・マンディロア/スコット・パターソン/ベッツィ・ラッセル/リリク・ベント/アシーナ・カーカニス/ジャスティン・ルイス/サイモン・レイノルズ/アンガス・マクファーデン/シャウニー・スミス/バハー・スーメク/ディナ・メイヤー/マイク・リアルバ/ドニー・ウォールバーグ

30点満点中16点=監4/話2/出3/芸4/技3

【新たなゲームが始まる】
 ジグソウ死す。遺体の胃袋からはカセットテープが発見され、ホフマン刑事は「ゲームはまだ終わっていない」との声を聴く。そしてホフマンも捕らえられ、エリック刑事とともにゲームの被害者になろうとしていた。部下を何人も殺されたSWAT隊長のリッグも自宅で拉致され、新たなゲームの被験者となる。FBI捜査官のストラムとペレーズは、リッグの足跡を追いながら新ジグソウへと迫る。果たして、誰が何を仕掛けようとしているのか。
(2006年 アメリカ)

【ある意味、集大成】
 構成的には『2』をさらにふくらませたようなイメージだ。
 絶体絶命のエリックが死ねばホフマンも死ぬという状況。ふたりを助けるためのゲームに挑みながら、次々と犠牲者を増やしてしまうリッグ。ジグソウの協力者を追跡するストラム。そしてジグソウの過去。4つの場面をカットバックで描きながら、ラスト=1つの場所/状況へと収束させていく。

 まぁ、捜査官としてあくまで「捜査」に徹するストラム以外は行動の動機が薄く、仕掛けの仰々しさも含めてリアリティを欠く展開なのだが、1点収束という“作り”が緊迫感を生み、本作の面白さとなっているのは確か。各場面をつなぐシーン遷移の処理もユニークだ。

 それと、オープニングでは色調を落として血の赤を引き立たせ、グロが強調された『3』に近い空気で「またそっち系かよ」と思わせておきながら、以降は『1』に近い真相探しゲームへと転じているのも面白い。
 まだ人間だった頃のジグソウの姿をたっぷりと描き、トビン・ベルの「感情を表に出す」演技に大きな時間を割いたことにも拍手。さながら『ジグソウ ビギニング』とでもいえる趣で、なかなかに興味深い。

 つまりは、3作目までの「積み立て」を凝縮、あらためて提示したような作品。
 そのぶん集大成的、ある意味ではファンに嬉しい内容ではあるが、観かたを変えればしっちゃかめっちゃか。過去作の登場人物や成り行きを把握していないと、これって誰だっけ? このときどうなったんだっけ? と混乱必至だ。もうジクソウが医者だったのか建築家だったのかわからんし。

 そんなわけで、4作ぶっ続けで観るのが正解。あ、『5』も作られたってか。体力を要するシリーズだな。

|

« 真実の行方 | トップページ | エディット・ピアフ~愛の讃歌~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/44277441

この記事へのトラックバック一覧です: SAW 4:

« 真実の行方 | トップページ | エディット・ピアフ~愛の讃歌~ »