« インベージョン | トップページ | フェイク »

2009/07/13

サン・ジャックへの道

監督:コリーヌ・セロー
出演:アルチュス・ドゥ・パンゲルン/ミュリエル・ロバン/ジャン=ピエール・ダルッサン/パスカル・レジティミュス/マリー・ビュネル/マリー・クレメール/フロール・ヴァニエ=モロー/エマン・サイディ/ニコラ・カザレ

30点満点中19点=監4/話4/出4/芸4/技3

【喧嘩ばかりの1500km】
 大会社を経営するピエール、高校教師のクララ、飲んだくれで失業中のクロードは、仲の悪いきょうだい。だが「遺産相続の条件は3人いっしょにサン・ティアゴまで巡礼の旅をすること」というのが母親の遺言。仕方なく3人は、ガイド役のギイ、バンダナの女性マチルド、高校卒業を控えたカミーユとエルザ、文字の読めないラムジィとその友人サイードらとともに、フランスからスペイン、1500kmもの旅路を歩むのだった。
(2005年 フランス)

【笑いの中に潜む、世界成立の真理】
 気がつくと「最近、知らず知らずこの手の映画をよく観ているなぁ」ということがある。
 たとえばこの1年を振り返ると、人と人との関係、人と社会との関係、人と人で作り出す世界……といったものを描いた作品。
 そんなわけでここからしばらくは“関係”シリーズということで。

 ファースト・カットが美しい。あの空、あの色合い。
 そこから“手紙の旅”を経て本編へという流れが、なかなかスマート。以後も、抜群のロケーションを大きく捉え、テンポよく9人の旅路は進む。1日が経過したことを夢で示すなど、技法も鮮やかだ。

 でも、誰も景色なんて見ていない。テンポがいいとも順調とも思っていない。夢はちっとも安らぎにならない。
 無理もない、みんなそれどころじゃないのだ。それぞれに抱えているものがあり、彼ら彼女らを取り囲んでいる状況がある。1500kmもの巡礼の旅に臨む人たちは、決して敬虔なキリスト教徒などではなく、いろんなモノゴトから逃れられないでいる“ただの人”だと本作は伝える。

 脱毛クリームだとか必要ないものを捨てて身軽になり、わだかまりを少しずつ消し去っても、依然として人は人のままである。
 だが、きっとそれでいいのだ。巡礼の目標・目的は信仰心の証明なんかじゃない。自分が“いまここに生きている、ただの人”であることを見つめ直して、そんな人と人とが触れ合ったり助け合ったりすること=関係を築いていくことで世界は作られていく、ということを理解するための旅なのだ。

 イエスにアッラーに仏陀、唱える人は違えども、宗教なんて、どれも似たり寄ったり。あるいは、一方から見れば聖人でも他方から見れば虐殺者。
 ただ、そういう宗教を作り出した人というのは弱いものであり、だからこそ「ともに歩む」ことが必要となる。

 ラスト近く、波打ち際のラムジィとサイード、彼らを見つめる7人、その映像のなんと美しいこと。そして、9人の間に流れる感情。
 そう、景色というのは「自分とは無関係に自分の周囲にあって、ただ眺めるもの」ではない。そこに“心と心で触れ合った、人と人”がいることで初めて完成するのだと思い知らされる。よきにつけあしきにつけ、世界は、人なしでは成立しないのである。

 笑いを交えながら静かに軽やかに、この世界の真理を突きつけてくる映画である。

|

« インベージョン | トップページ | フェイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/45621359

この記事へのトラックバック一覧です: サン・ジャックへの道:

» サン・ジャックへの道:映画 [ムービーラボ]
今回紹介する作品は、コリーヌ・セロー監督作品の『サン・ジャックへの道』です。 サン・ジャックへの道:ストーリー 亡き母親の遺産を相続するため、1500kmもの巡礼路を一緒に歩くことになった険悪な3兄弟。ほかにも失読症を直して大好きな母親に喜んでもらいたい少年や、ワケありな女性など個性的な面々が同行することになるのだが…。 ... [続きを読む]

受信: 2009/07/24 03:23

« インベージョン | トップページ | フェイク »