« おくりびと | トップページ | ラーメンガール »

2010/10/05

或る旅人の日記

監督:加藤久仁生

30点満点中15点=監3/話2/出3/芸4/技3

【不思議の国を旅する、ひとりと一匹】
 幻想に満ちた国トルタリアを旅する男、トートフ・ロドル。彼を遠くへと運ぶ相棒は、脚の長いブタ。動く都市、コーヒーの中に跳ねる影、映写技師と笑う子どもたち、月へ向かう一向、悪夢、美しい花の精、陽気に光る赤い実……。ひとりと一匹が出会う、不思議の数々を描く。
(2003~2004年 日本 アニメ)

【自分が求めるものの再確認】
 イメージとしては、たむらしげる、ますむらひろし、レイモン・ペイネあたりに通じる“柔らかだけれど、どこか怖さも秘めるキャラクターたち”が織り成すノスタルジック・ファンタジー、といった雰囲気を持つ作品。
 かつ、脚の長いブタ、クマの背中を使った上映、ウサギの擬人化など、ユニークなキャラクターでお話を動かしていくような作りとなっている。

 そこに見られる「各キャラクター・各パーツと、世界全体、ストーリーのトータルバランス」は素晴らしく、デザインセンスの面白さや色づかいの楽しさも感じる。昼と夜、明暗、好天と雨など、対照的な世界の表現も上質といえるだろう。

 ただし個々のエピソードには出来不出来(というか、好みかそうでないかなんだけれど)があって、「小さな街の映画会」「憂鬱な雨」「赤い実」(他のエピソードより後に作られたもので、少しタッチが堅く軽くなっている)の3本は、動きの楽しさがあり、お話としてもスパイシーで、まずまず面白い。いっぽう「光の都」「真夜中の珈琲屋」「月夜の旅人」「花と女」は、壁に飾りたい作品=動くイラストにとどまっている印象が強い。
 そう、『岸辺のふたり』と同様、絵本を動かしたような仕上がりなのだ。

 振り返ると『つみきのいえ』は、一見すると「動く絵」に感じられて、実はシッカリと映画的な、アートではなくエンターテインメント側からのアプローチで作られた作品だった。
 自分は“それ”を求めているんだなと、あらためて実感した次第。

|

« おくりびと | トップページ | ラーメンガール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/49658488

この記事へのトラックバック一覧です: 或る旅人の日記:

« おくりびと | トップページ | ラーメンガール »