« ジョン・カーター | トップページ | アバウト・タイム~愛おしい時間について~ »

2014/09/30

ハッピーサンキューモアプリーズ

監督:ジョシュ・ラドナー
出演:ジョシュ・ラドナー/ケイト・マーラ/マリン・アッカーマン/ゾーイ・カザン/パブロ・シュレイバー/トニー・ヘイル/ピーター・スカナヴィーノ/リチャード・ジェンキンス/マイケル・アルジエリ

30点満点中17点=監4/話3/出4/芸4/技3

【NY。男と女の日々】
 ひょんなことから、里親のもとに帰りたくないラシーンと暮らすことになった小説家のサム。その親友で無毛症のアニーは元彼のアイラと再会して自己嫌悪に陥り、弁護士サム2の誘いに迷惑そうだ。サムの従妹メアリー・キャサリンは恋人チャーリーがロスへ移住したいと切り出したことに戸惑う。そしてサムは街で見かけたミシシッピに声をかけ、ふたりの距離は近づくのだが……。NY、不器用な男と女の、朝と昼と夜の物語。
(2010年 アメリカ)

【どうってことないけれどハッピー】
 2010年のSundance Film FestivalでAudience Awardに輝いた作品。ああ、なるほど。どうってことのない話で、どうってことのない映画なんだけれど、不思議と観る者にフワフワしたいい気分を味わわせてくれる

 監督・脚本・主演を務めたジョシュ・ラドナーの、うつろな眼がいい。ふっと黙り込んだりお喋りが過ぎたり、その裏側は、いろいろ考えているように見えて実は刹那的だよね、という雰囲気が楽しい。
 マリン・アッカーマンって、そうか『ウォッチメン』のシルク・スペクターですか。えらく変身したもんだが、アニーの持ついたたまれなさと懸命な前向きさを好演。ゾーイ・カザンは、これまで子役寄りのYAって感じだったけれど、今回はしっかり悩める女性になっている。

 彼らの住む世界の作りかたが秀逸。Jaymay(音楽)の寂しげな声と街のノイズが等しく扱われ、記憶にある限り、すべての部屋に絵や写真や地図が張られていたように思うんだが、つまり人はいろんなものに取り囲まれて暮らしているってこと。
 世界は(彼らも含めて)いろんなものでできているのだと、押しつけがましくなく伝えてくれるわけだ。

 で、「歩いていれば治る」なんて真理をちらつかせつつ、何年か後のことなんて考えず、いまの自分の価値観を大切にして、変わったり変わらなかったりを繰り返しながら、自分を取り囲む世界の中で精一杯やっていこうよと締めくくる。
 サムがラシーンに「ミシシッピの歌が下手だったらどうしよう」と相談するあたりからの怒涛の展開が、実に鮮やかだ。

 ラドナー監督の次作『Liberal Arts』も、ちょっと観てみたい。

●主なスタッフ

撮影/シェイマス・ティアニー(『ボーイズ・ドント・クライ』
衣装/セーラ・ビアーズ(『ボーイズ・ドント・クライ』)
音楽監修/アンドリュー・ゴーワン『バタフライ・エフェクト』

|

« ジョン・カーター | トップページ | アバウト・タイム~愛おしい時間について~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42478/60398804

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーサンキューモアプリーズ:

« ジョン・カーター | トップページ | アバウト・タイム~愛おしい時間について~ »